備忘録

日々のごはんを記録するのはあきらめた。週1を目指して備忘録をつづりたい(希望)。関西在住、酒が好きなおおよそ30

もう冬

ひとりで居る金曜日っていつぶりだろう

 

明日からの土日の予定も、完全にひとりでのみ完結する予定だけで、

たぶんこれは7月以来とか、もしかしたら半年前以来とか、それくらいのレベルな気がする。


f:id:ho-chandayo:20191129233454j:image

もう遠い日だなーなつかしいなー

 

夏前から突っ走ってたら冬が来てて、時間の流れがはやくてよくわからない。


f:id:ho-chandayo:20191129233314j:image


f:id:ho-chandayo:20191129233405j:image

 


f:id:ho-chandayo:20191129233507j:image


f:id:ho-chandayo:20191129233559j:image


f:id:ho-chandayo:20191129233527j:image

 



 


f:id:ho-chandayo:20191129233720j:image

 

なんかいろいろ毎日作って食べたりしてる。


f:id:ho-chandayo:20191129234306j:image

 

埼玉スタジアムより。

ここ数年で1番心動かされた出来事かもしれない、ルヴァンカップ決勝。

ありがとうコンサドーレ札幌

 

 

色々あったというかなんというか。

はやすぎてよくわからなかったけど、

既存のコミュニティにずっと属してるから変化ない日常の中にも、人間関係は変わっていって、

仲良くなったり、共通の話題が増えたり、全然違う視点から色んな話を投げ合えるようになったり。

聞いてみないと引き出しはあけられないし、

意見を聞いてみたいと思ったら、聞いてみるべきなんだなと思った。

そんなこと考えたこともなかった!って言いつつ、それから色々考えて話してくれる人も愛おしいし、

考えてることをきちんと話してくれる人も愛おしいし、

なんか考えがまとまってないけどうまく言おうとしてくれるのも愛おしい。

聞いてみたことに全力で返してくれる私の周囲はほんとに愛すべき人間と思う。

 

 

逆にもう相容れないと分別をつけてしまって、動物だと思う人もいる。

存在を無視して、日本語がたまに通じたら、びっくりして感動するレベル。

自分が人として最低だなと思うこともある。

 

でも、そうしないとやっていけないとも思う。

 

自分と、うまく割り振った時にちゃんとしてくれる周囲(主に後輩)、が全部請け負うのだと考えないと、

仕事の量とか信頼に値するスピードに間に合わないし、

イライラや怒り等のマイナスの感情に潰される。本当に狂ってしまう。

業務云々よりそっちのほうが怖い。だから自衛のために、自分で仕事をやっつけてしまうほうがマシだと思う。

まあつまりは結局、目の前から消えて欲しいと一日に数回は願ってしまう上司と先輩が横に居て辛い。

 

色んな人間関係があるなあと思ったこの秋。。。

自分的にはびっくりしたことがあって、

それで皆何考えてるのかわからなくなって、

精神ブレて友人にはたくさんお世話になったけど、

なんか色々考え込んでしまって、ある意味思考は深堀りされるなと思ってしまった。

いやー、でも面白い経験だったな。

何をもってそういうことになるのか、ほんとは研究したいし課題にしたいけど、

それは興味本位で突っ走ったらだめだし、色々ホモサピのコミュニケーションは難しいな。